JAGDA in HOKKAIDO 2010

JAGDA.jpg

先日、JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)全国大会が
札幌ファクトリーで開催されました。
地元デザイナーの山くんと一緒に参加させてもらいました。
交流会ではひたすら名刺交換で、会場内の写真を撮る余裕がなく、
それで上のようなビジュアルのみのご紹介になってしまいました。すみません!
民主党ロゴや長野オリンピックのポスターなど手掛けた浅葉克己さんや
佐藤卓さん、帯広出身のワビサビの中西さんなど有名な方々と交流でき、とても充実した時間でした。
2次会では卓球ができるBARで世界の浅葉さんと卓球をさせていただきました。
浅葉さんの卓球好きは趣味の域を超え、全国大会にも出場する腕前だそうです。
以外と自分も卓球の腕がよかったのが新たな発見でした。ラリーとか、イケちゃいそうなんです。
今回参加させていただき、色々な方々とお話させていただき、
モチベーションも上がり、パワーアップして帰ってきました。
とても有意義な時間に感謝します。JAGDAメンバーの皆様ありがとうございました。



好物

海鮮丼写真.jpgのサムネール画像

これは、師匠に連れられて、昼食に行ったお店の海鮮丼です。
刺身好きの僕にはたまらない一品でした!ちなみにたしかこれで680円です!場所は札幌の中央卸売り市場内
のちょっと奥まったところにあるお店なんですが結構混んでました。。いや~~お店の名前を忘れたのが
残念です。。。このボリューム、内容でこの価格はまさに北海道!これこそ北海道スタンダードです!
大もりそば写真.jpgのサムネール画像
これも、師匠に連れられて、、、これを食べるために20丁目くらい移動して、、、わざわざ。
いつも、そばは大盛りを頼む僕なんですが、ここで大盛りを頼んだら、こんなのが出て来てビックリ!
言ってくださいよ~~お師匠様~~~~。。。結局少し残してしまいましたが、、、食べた後はへそが
出ていました。。。。
北海道の食はダイナミックです!アメリカ人のように、北海道の人がみんな背が大きくて、体が大きいと
納得なんでしょうが、、僕のようにヨコに膨らんでいくと、、憧れにはほど遠くなってしまいますよね~~。
MA写真.jpgのサムネール画像
食べてばかりかよ~っと言われそうなので、一応仕事をしているところも。。。CMのMA風景です。
左は、プロコム前川氏。右は大学時代の友人、てっちゃん。聞いているナレーションは高校時代の友人
栗谷君です。。。まさに異色のコラボレーション。。。

熱血!外観写真

熱血外観撮影.jpg

先日市内で外観の撮影がありました。
外観の撮影は時間帯が勝負!!太陽の位置などを計算しなければ
影などの影響でいい写真が撮れません。
シャッターチャンス!!と思いきや、ゲッ!路上駐車、
避けていただいたと思いきや、ナヌ!人が通る。
なかなかうまくいかんもんです。
スタッフ全員で空を見上げながらの一日でした。
後半は疲れもでてきましたが、いい絵を撮るため!!
バンの上から撮ったるど~~~です。
熱血写真部、楽しい一日、ホントにお疲れさまでした。

さくら

桜写真1.jpg

久しぶりに暖かい、十勝です。
きれいですね~~
十勝では、桜が咲いています。
日本の中でもきっと最後の桜なんだと思います。
桜写真3.jpg
一年に、この時期だけしか見ることができないなんて、とっても貴重な花ですよね。
5月は自分の中では好きな季節でもあります。花見をしている人たちが羨ましい。
去年はこの時期何やってたかな~~なんて、花を見ながら考えてました。
去年の自分と、今の自分を比べる癖があって、ひどいときは去年の手帳まで引っ張り出して、
何をしていたか?とか何を考えていたか?とか確認してしまう事も。
結局今日は、晴れたら、晴れたで、晴れの日にしか出来ない仕事をしていたのですが、
去年は出来ていなかった仕事なので、去年よりは又少し成長を確認できました。
色々と困難な事も多い日々ですが、それもこれも、前へ進んでいるからこその摩擦なのでしょう。
又来年の桜が咲く頃、どんな事をしていて、どんな事を考えているのかが楽しみです。

ちょっと陽気な

2010042915390000.jpg
最近、このパスタチーナにはまっています。袋を空けると、あっという間に、カリカリ、ボリボリと
一袋食べてしまっています。色々な形のパスタのそれぞれの歯ごたえと、塩加減が絶妙ですね。
丸いの→長いの→三角の・・・みたいな感じで永遠に食べ続けたくなってしまいます。
ビールにもコーラにもファンタにも!炭酸系を飲みながら食べるのが最高です!
2010050700360000.jpgのサムネール画像
しかも、このおじさんがまた、何とも・・・
2010050700360001.jpgのサムネール画像
ちなみに、このおじさんを書かせて頂いたのは、当社の女性デザイナーですが、ちょっと、憎たらしい、
けど、憎めない。というのがポイントらしいです。
どうやら、身近にモデルがいるようですが、僕ではない事を信じています!