農都共生研究会 帯広フォーラム開催のご案内

プロコム北海道 札幌オフィスで事務局をしております

林美香子先生の農都共生研究会ですが、

10/10(水)に帯広で出版記念のフォーラムを開催する事になりました!

当日は参加頂いた方に本も進呈させて頂きます(本の表紙は当社デザイナー中村が制作)

是非皆様の参加をお待ちしております!

 

181010_農都共生フォーラム_帯広_A4

 

メガネ男子のお話

 

こんにちは。制作部の前田です。

 

突然ですが、メガネをかけた男の人って素敵ですよね。

フチを何気なくクイッとあげる仕草や、

メガネを外した時のいつもと違う意外な素顔。

素敵なメガネ男子を見かけるとついつい目で追ってしまう自分がいます。

 

さて、実はプロコムにもたくさんのメガネ男子が揃っています。

 

 

 

メガネ後藤さん

 

 

デキる男、クールな知的メガネの後藤さん。

 

 

 

久慈さんメガネ

 

 

大人の魅力溢れるワイルドメガネの久慈さん。

 

 

メガネ前川さん

 

そして最近メガネを新調したばかりの最もフレッシュなメガネ男子、前川さん。

 

 

前川さん過去

 

 

ちょっと昔の写真

 

メガネ一つでこんなに印象が変わるんですね。

せっかくなので今回のメガネ選びのこだわりについて伺ってみました。

 

 

 

前川さんメガネ1

 

Q .今回のメガネを選ぶにあたり最も重視したポイントは?

 

A.やっぱりサイズ感?メガネ選びにおいてかなりのウエイトを占めるから。

これくらい俺にちょうどいい感じのメガネって今までなかったんだよね。

 

 

 

 

前川さんメガネ2

 

A.あと、髪が伸びてきたから。

今みたいな長めの髪型にはこういうメガネがピッタリくるんだよね。

ツーブロックなんかにはブロータイプのメガネが似合うんだけど。

 

 

Q.ブロータイプというのは?

 

 

 

 

 

前川さんメガネ3

 

「ブロータイプをご存知ない?」

 

 

 

思ったより熱く語ってくれました。

最近気づいたのですが、たまにかけている人も含めて数えると

プロコム男性陣のメガネ率はほぼ100%と言っても過言ではありません。

 

毎日飽きることなく様々なメガネ男子を楽しめちゃうプロコム北海道なのでした。

キャンプ2018

takibi

 

週末になると天気が崩れたり、タイミングが合わずでなかなか行けずのキャンプ。
今シーズン新たに導入した焚き火台。早く薪、燃やしたい!
このままではいつまでたっても行けないので若干の雨予報でしたが
強行突破したのは先月下旬。
暗闇の中、揺れる炎をみながらお酒でも…と思っていたのですが、
いきなりの強い雨と、キャンプチェアを忘れるという、大失態。(空気椅子、ツライ。)
火をおこしたのはいいけれど、早々に撤収。トホ…。
気をとりなおして秋キャンプ、楽しみます。

花のちお詫び、ときどき健康。

みなさま、こんにちは。

 

プロコムの新企画女子、土田です。
(自分で書いてて超恥ずかしい)

 

先日、恵庭で仕事があり、

視察もかねて羽生さんと「えこりん村」に行きました。

 

花と土田

 

お花わ〜〜〜〜い!(撮ってもらった)

 

太くて白くて合成みたいな腕ですね。

しかも若干曲がってるので、自身の健康がちょっと心配です。

 

キレイな花や景色に子どもの様にはしゃいでしまいました。

 

出口の近くには、何故か健康器具があり挑戦。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

健康器具と羽生さん

 

 

完全にホームビデオ。
なかなかいい運動ができました。

 

しかし、今書きおこせば、
視察も忘れてはしゃいでしまってますね。

 

たいした働きもしてないのに、遊ぶとなると元気で本当すいません。。

 

その日会社で一生懸命働いてた全プロコム社員のみなさま。

この場を借りてお詫びします。

 

健康器具、本当に体に良さそうなので、
運動不足がひどいプロコム社員のみなさま。

今度みんなで行きましょう〜!

 

ハチ騒動1

 

こちらはある日の一枚。

神妙な面持ちで窓ガラスにゴミ箱を押し当てる羽生さん。

何をしているかというと…

 

 

 

ハチ騒動7

 

 

実はこの中で、大きめのハチが暴れまわっています。

窓ガラスの近くでブンブンバチバチ騒いでいるのを見かね、

ゴミ箱を使って見事捕獲した羽生さん。

 

風を取り入れるために開けていた窓から

ヒョヒョイと侵入してスタッフ全員をパニックに陥れるハチは、

ここ数年のプロコムの夏の風物詩となっています。

 

 

ハチ騒動2

 

そこへ前川さんがやってきて、下から厚紙を差し込みフタをします。

このまま少しずつズラして外に逃がしてあげようという作戦。

さすがは制作部トップの二人、チームプレイも完璧ですね。

 

 

ハチ騒動3

 

イッシー、まいちゃんも加勢してアシスト。

少しずつ、少しずつ…

 

 

 

ハチ騒動-4

 

「あっ」

 

 

 

ハチ騒動5

 

「イヤアアアアアアアアアアア」

 

 

あとわずかのところでゴミ箱から手を離してしまい、

驚きと恐怖のあまりオフィスに響き渡る悲鳴。

多分この時一番驚いているのはハチです。

 

 

ハチ騒動6

 

この顔。

 

 

この後無事にハチは自然へと帰ってゆき、

プロコムにも平和な時間が戻ってまいりました。

 

さて、今年はあと何度この光景に遭遇するのでしょうか…?