原酒ってやつ、もろみってやつがハンパない~池田町ワイン祭り~

IMG_20191006_113440

北海道池田町は北海道有数のワインの産地。

町には、ドイツとかにありそうな城があって、そこでワインを作っているのだからリッチ感のハンパない町です。

今回は、池田町ワイン祭りに初参加してきました。

ワインまつりは、ざっくりいうと、町産のワインが飲み放題で、牛の丸焼き食べて、牛の焼肉食べ放題で、ミュージシャンが来るというイベントです。

そのへんのことは、もう多くの方が知っている情報なのであまり触れません 笑

このワイン城では、ワインのほかにブランデーを蒸留しており、このブランデーの原酒が1杯500円で試飲できました。通常はこの一ビンで3000円くらいします。

 

しかしながら、この1杯がなんと濃厚かというほど、ウマイのです。正直、びびりました。度数もハンパなくて、正確な数字は覚えていませんが、スタッフのおじちゃんは火が付くと言ってました。

それより、このウマさです。

 

通常、ブランデーは水を増して出荷するそうで(おじちゃん曰く)、原酒そのままは珍しい代物とのこと。しかし、このブドウを凝縮しまくって、アルコール度数も極限まで極めた一杯(水と一緒に飲まなければ、速攻で昇天します)は一度飲む価値ありです。みんな、知ってください、この究極のブランデー原酒を!

IMG_20191006_131836

そして、このワイン城、奇跡の一杯がもうひとつ!

 

IMG_20191006_130117

 

それが、もろみワインというフレッシュなやつです。

よくもろみ酢なんて言いますが、要は発酵途中のワインを途中で抽出したもの。

なんでも、ワインも日本酒と同じで火入れ(殺菌)しないと一般に出荷できないことになっています(※一部例外や別の方法があります)が、これは火入れをしていないため、乳酸菌の味わい、フレッシュなぶどうジュース、アルコールが混ざり合い、もうカクテルとか梅酒とかカルピス(?)とか好きな人にはたまらない、史上最高の気品あふれるオシャレ醸造所限定ワイン(しかも、1年に1回だけ)なのです。

IMG_20191006_125546

 

ですから、うますぎてうますぎてうますぎて、5杯飲みました 笑
このもろみワイン飲むためだけに、訪れても価値ある一杯です。

しあわせになれるやつです。

 

IMG_20191006_133212

 

そんで、肉を焼きまして、

 

IMG_20191006_110810

 

今回、特別参加の標津町のうまい秋サケのちゃんちゃん焼き(無料)を食べ、

 

IMG_20191006_143130

 

北海道の悠然とした光景を眺めて終わる、池田町ワインまつりでした。

プロコム北海道のブログでありながら、池田町ワイン城&まつりの話しかしてないじゃんという感じですが、ウマいものは、みんなに知ってほしいじゃん!という弊社のスタンスといたしまして、ご理解ください。

 

IMG_20191006_131251

 

ちなみに、ワイン城のシャンパン工場のあるC館(ここのブルームという自然発酵炭酸のシャンパンもまた最強です。最強というか、自然発酵のやわらかい炭酸は感動モノ)にある、シャンパンボトルのディスプレイは弊社がデザインを施し、納品したものであります。

 

この一番大きなサイズでつくるシャンパン・ワインは海外のイベントで使われたりして、みんなに振る舞い酒として扱うそうです。

 

そんな貴重なものも展示してある池田のワイン城。ただいま、来年のリニューアルオープンに向けて改装中ですが、ワインや商品は買えるとのことで、お近くにお寄りの際は寄ってみて!

https://www.tokachi-wine.com/

なつぞらの舞台、北海道十勝は感動いっぱい

dav

我々、北のクリエイティブ集団、プロコム北海道が活動の拠点としているのは、北海道の十勝という場所です。

ご存知、NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」の舞台でございます。

街中には、このように、なつぞらバルーンが飾ってあったりします。

これを作った方は、十勝在住のバルーン作家さんで、日本第三位の実力者らしいです(本人から聞きました)

dav

全体像としてはこんなかんじです。この完成度に、私は感動を覚えました。

さてさて、十勝には他にもこんな感動があります。

dav

小麦です。

小麦畑というものを、同じ北海道育ちなのに、港町で育ったもので見たことがなかったもので、

これが秋口にたわわに実るころ、まぁ、黄金色でその様子は感激です。

oznor

そして、もう道民からすると、普通過ぎて(世間一般的には普通ではないでしょう)なんでもないのですが、

牛はそこらへんにいます。

基幹作業でございます。

まさしく、なつぞら、なつの育った土地そのものです。

dav

そんな自然あふれる北海道・十勝ですから、こんな生々しい即興看板があります。

リアリティ抜群です。

最近、北海道ではヒグマの出没情報が相次いでいて、連日ニュースになっていたりします。

北海道にお越しの際は、お気を付けください。

nfd

そんな感動と、ヒグマの恐怖がつきまとう北海道・十勝ですが、

やはり旨いものはいっぱいあるわけで。

本日は、遠方に仕事に行く日でして、

池田町にある麦笑さんという人気のうどん屋に行きました。

ここは本場香川ご出身(と耳にしている)ご主人が営むうどん屋で、

それをおそらく、北海道の小麦で作っているんでしょうから、

最高のうまさです。

北海道内でも、五本の指に入る最高峰のうどん屋だと思っております。

ぜひ、お近くにお越しの際は立ち寄ってみてください。

めっちゃうまいので。

紫竹ばあちゃんのときめきの花暮らし

紫竹ガーデンの写真集

紫竹おばあちゃんのときめきの花暮らしの

アートディレクションを担当させていただきました。

写真家はいつもお世話になりっぱなしの大泉省吾先生。

編集は世界文化クリエイティブの飯田猛先生と

進めさせていただきました。

 

大御所のお二人とのお仕事で何かと勉強させていただき、

自分にとても意味のあるお仕事でした。

お二方にも、よかったよとお声をかけていただき、

ホッとしております。

自分も満足のいくデザインができました。

 

全国絶賛発売中なのでお近くの本屋さん

もしくは、ネットにて購入できます。

 

もちろん紫竹ガーデンでも購入でき、

もしかして、紫竹おばあちゃんに

サインしてもらえるかもしれませんね。

 

是非是非、自分用に、親へのプレゼントに。

 

IMG_9263

all-4

all-7

all-10

all-17

all-37

all-48

all-51

all-54

 

美味いぞ 十勝の黒にんにく

トヨニシファームの「十勝の黒にんにく」は体に良いのは勿論ですが、

え!?これがニンニクか?ホントにニンニクか?

と思うくらい臭みがなくとってもフルーティ。

 

自分はいつもクリームチーズと黒にんにくをクラッカーにのせて、

げらげらとおもしろ話で笑いながら嫁さんと食べております。

体にいいから、というか美味いから。

 

本業のデザインに関してはかっこいい黒と自然のグリーンで決めてみました。

ニンニクっぽくないパッケージデザインなので面白いと思います。

並ぶとけっこうインパクト大です。

どっすか?

 

十勝ではハピオや空港や駅などで売っていますよ。

釧路ではおなじみサロンド・イフでも扱っています。

 

是非是非おすすめです。

ninnikurogo

 

kuroninniku

豊西最終ol

 

1 / 11